« 佐藤江梨子 海老蔵の質問で“悔し涙” | トップページ | 佐藤江梨子、涙の訳・・・?! »

右京さん活動自粛へ…遺体と対面し号泣

 遺体との対面後、涙ながらに思いを語る片山右京さん・・・

富士山を登山中に遭難し救助された元F1レーサーで
登山家の片山右京さん(46)が、最低1年間は
メディアへの露出を自粛する方針である。

精神的なダメージと周囲の反応を考慮しての措置。
行方不明となっていた宇佐美栄一さん(43)と、
堀川俊男さん(34)が遺体で発見され、

御殿場署で対面した片山さんは、
その後の会見で号泣。心の傷の大きさをうかがわせた。

感情を抑えきれなかった。午後7時すぎ、遺体との対面後
に応じた会見で片山さんは号泣した。

「苦しいのと、申し訳ないのと。全部自分の責任。助けられなかった…」。
おえつで声はかすれ、言葉は涙で途切れた。

精神的な痛手が大きく、今後の活動はまったくの白紙だ。
片山企画の関係者は、
本人が「最低1年間は自粛するべきだ」と
周囲に漏らしていることを明かした。

司会を務める2本のラジオ番組について、
TBSラジオ「feel the mind~最上の出会い~」は
18日放送分を休止し、番組公式WEBサイトで
「21日からの放送をしばらく休む」と告知。

TOKYO FM系「DRIVE ON THE HEART」も
19日は片山さんは出演せず、今後は出演を見合わせる。
両番組降板の可能性もある。

また、自身のブログもこの日付で
「2人への哀悼の意を表し、しばらく休みます」
という告知がアップされた。

前日に続き御殿場署で事情聴取を受けた片山さんは
「2人を富士山に連れて来なければ、
違った結果だったかもしれない」と後悔の様子を見せ、
遺族に「すいません」と頭を下げたという。

会見後、遺族の談話をスタッフが読み上げると
頭を下げたまま再び号泣。
支えなしには歩けない状態になった。

過失責任について御殿場署は「装備はしっかりしていた。
登山届を出していないことも法的な責任はない」
としているが、今後も捜査は続けていく方針だ。

遺族にはかける言葉がみあたりません。
ご冥福をお祈りいたします。

悲しい時、つらい時、歌が元気をくれたり
癒してくれることもあります。

ぼくはこの時期聞くなら⇒これです。

« 佐藤江梨子 海老蔵の質問で“悔し涙” | トップページ | 佐藤江梨子、涙の訳・・・?! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1309898/32676182

この記事へのトラックバック一覧です: 右京さん活動自粛へ…遺体と対面し号泣:

« 佐藤江梨子 海老蔵の質問で“悔し涙” | トップページ | 佐藤江梨子、涙の訳・・・?! »